理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 新型コロナウイルス
FC2ブログ






カスタム検索

抗体依存性感染増強(Antibody-dependent enhancement:ADE)とは

ワクチンの接種などにより起こりうる現象で、「抗体依存性感染増強(ADE)」と呼ばれます。

本来、ウイルスなどから体を守るはずの免疫抗体が、免疫細胞などへのウイルスの感染を促進し、その結果ウイルスに感染した免疫細胞が暴走し、あろうことか症状を悪化させてしまうという現象です。

それではこの抗体依存性感染増強はどの様なメカニズムで発生するのでしょうか?

抗体依存性感染増強の詳細なメカニズムについては、現時点では明らかになっていないことが多いのが現実です。

詳しい原因は不明で、中途半端な抗体ができたためともいわれています。

ただこれまでに、複数のウイルス感染症で抗体依存性感染増強に関連する報告がなされています。

実例をあげますと、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)に対するワクチンの研究では、フェレットなどの哺乳類動物にワクチンを投与した後、ウイルスに感染させると症状が重症化したとの報告があり、この現象は抗体依存性感染増強と考えられています。

人の免疫機構としては、抗体というたんぱく質を作ることで病原体に直接作用して生体を守る機能と、免疫細胞に取り込ませて処理をさせる液性免疫と、リンパ球などの免疫細胞が病原体に感染した細胞を処理する仕組みである細胞性免疫が存在していて、この機能によって人はウイルスなどの病原体から体を守っています。

これらの免疫は、本来はウイルスなどの病原体に感染した時の体の防御システムであり、再びと同じ病原体にかからないようにする仕組みです。

続きを読む

テーマ : コロナウィルス関連
ジャンル : 心と身体

tag : 新型コロナウイルス 抗体依存性感染増強(Antibody-dependent enhancement:ADE)

格安新型コロナウイルスPCR検査は信頼できるのか?

最近新型コロナウイルスのPCR検査を低価格で受けられる民間の施設が、東京都心などに相次いでオープンしています。

検査費用も数千円という手頃な価格であることから、多くの人が利用しているとのことです。

この民間の格安PCR検査の信頼性はどうなのでしょうか?

1.PCR検査は一定の割合で、実際には感染しているのに「陰性」と判定されることがあるうえ、感染して間もない時期はウイルスが検知されない可能性もあります。

2.実施する人のPCR検査の技術力は確かなのか?

3.検査をする施設の検査に対する精度管理が適切に行われているのかがわからない。

4.検査を受ける時期が明確にされているかどうか。

確かに現在もPCR検査を受けにくい状況が続いていることからして、簡単に安価でPCR検査を誰もが受けられることは良い面もありますが、受ける検査の精度が問題となります。

やはり受ける人の自己責任で受ける必要があるということになります。

厚生労働省も留意点をウエブサイトで公表しています。

新型コロナウイルスの自費検査について

テーマ : コロナウィルス関連
ジャンル : 心と身体

tag : 新型コロナウイルスの格安PCR検査の信頼性

各種マスクの利用について

ある種のマスクしか使用を認めない風潮がありますが、果たしてこれは正しいのでしょうか??

今回はマスクの素材別の感染予防効果につて解説いたします。


・不織布マスク

吐き出し飛沫量カット 80%

吸い込み飛沫量カット 70%

・布マスク

吐き出し飛沫量カット 74%

吸い込み飛沫量カット 40%

・ウレタンマスク

吐き出し飛沫量カット 50%

吸い込み飛沫量カット 35%

・フェイスシールド

吐き出し飛沫量カット 20%

吸い込み飛沫量カット 小さい飛沫に対しての効果はなし(エアゾルは防げない)

・マウスガード

吐き出し飛沫量カット 10%

吸い込み飛沫量カット 小さい飛沫に対しての効果はなし(エアゾルは防げない)

※各専門家・専門機関のデータから算出した平均値※

続きを読む

テーマ : コロナウィルス関連
ジャンル : 心と身体

tag : マスクの素材 マスクの種類による感染予防の差

ネットで販売されている新型コロナウイルス抗体検査についての注意点

現在ネットを見ると、新型コロナウイルス抗体検査キットは数多く販売されています。

これらの検査キットの説明文には「15分で自宅にいながらすぐに結果が陽性か陰性かがわかる」、「病院に検査しに行って逆に感染するリスクをなくせます」と、紹介されています。

そもそも抗体検査キットは、体内にウイルスの抗体があるかどうかを調べるもので、PCR検査のように感染の有無を診断するものではありません。

更にこれら抗体検査キットは、研究用試薬で、感度や特異性がはっきりわかっていません。

厚生労働省も抗体検査キットについて、「研究用試薬で精度がわからない」として注意を呼びかけています。

また、2020年12月時点、厚生労働省によって医薬品として承認されている抗体検査キットは存在していません。

抗体検査キットで感染を正確にリアルタイムで知るのは無理なのです、なぜなら血液の中に感染を示す抗体があるなしの判定しかできません。

感染して症状が出始めた時、そういう感染初期の早い時期にはまだ抗体はてきていませんし、仮にできていても量が少ないことから検査は陽性にはなりません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 新型コロナウイルス 抗体検査

マスクは不織布マスクしか役立たないのか??!!

現実どのくらいの人が不織布マスクを着けているのでしょうか?

某TV局の街頭におけるにアンケート調査の結果、不織布マスクを着けている人は、半数近くと言う結果が得られています。

その考えられる理由のひとつとして2020年に発表されたスーパーコンピューター「富岳」のシミュレーションの結果が考えられています。

不織布のマスクは、せきをしても、飛沫がほとんど前には飛ばないのに比べて、布やポリエステル製のマスクの場合、細かい飛沫が前方に多く飛んでいることがよく分かります。
不織布マスクは、吐き出した飛沫の80%カット、吸い込んだ飛沫の70%カットされていて、布やポリエステル製より、飛沫を抑えられるという結果が得られています。

この結果が発表されて以後、さまざまな施設で不織布マスクの着用が呼びかけられているようです。

現実多くの施設において不織布マスクへの着け替えを利用客に依頼している事が見受けられています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 新型コロナウイルス 不織布マスク

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
HIV検査キット












エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット












フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア