理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 新型コロナウイルスについての情報-7.次亜塩素酸水は危険という認識について-
FC2ブログ






カスタム検索

新型コロナウイルスについての情報-7.次亜塩素酸水は危険という認識について-

次亜塩素酸水は酸性で、生成方法は塩酸や塩化ナトリウム水溶液を装置で電気分解することで作る「電気分解方式」と、次亜塩素酸ナトリウムと塩酸などを混ぜ、酸性に調整して希釈させた「混合方式」の2つの製造方法があります。

新型コロナウイルスの感染防止にあたり、食器や手すり、ドアノブなどの消毒には、アルコールよりも熱水や「塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)」が有効であることは専門家も指摘しています。

次亜塩素酸ナトリウムとは、アルカリ性で、「ハイター」やミ「ブリーチ」などに含まれ、広く家庭に普及していて日々使用されています。

次亜塩素酸水次亜塩素酸ナトリウムは全く別のものです。

次亜塩素酸水は噴霧し、吸入してはならないという共通点があることをご存知ですか?

みんなが使っているから、安全・安心だ、厚生労働省が食品添加物に指定しているから安全だ」という考えが広がっているることは確かですが、ここに大きな間違があります。

2002年確かに厚生労働省は、電気分解方式の次亜塩素酸水を「殺菌料」として食品添加物に指定しており、食品の殺菌に使用されていますが次亜塩素酸水は、最終食品の完成前に除去しなければならないとされています。

食品の殺菌に使用後、最終食品の完成前に除去される場合、安全性には問題がないとされています。

ここで大切なことは「食品添加物=安全」というのは、誤っているということです。

絶対にやってはいけないのに噴霧している人が多すぎることも事実ですし、次亜塩素酸水に含まれる塩素は、生きているものを殺すわけですから、皮膚や粘膜をも破壊するんです」

体に優しく、高い殺菌力を持つ消毒剤は存在しません、ウイルスや細菌に効果あれば、人体にも有害なわけです。吸い込んだら当然危険です。

一番怖いのが次亜塩素酸水によって消毒したつもりになってしまうことなのです。

次亜塩素酸水は、化学的に不安定な水溶液でもあり、直射日光を浴びせず、どんなにしっかりと保管していても、時間の経過とともにその効果が失われて殺菌効果はなくなります。

そして、噴霧による人体への安全性については、確立された評価方法が存在していないと示しつつ、消費者からの事故情報データバンクに「空間噴霧による健康被害とも捉えられる報告が届いている」としており、この中間結果を受け、配布を取りやめる自治体も出ている。

噴霧した次亜塩素酸水を「吸入してはいりません」!!!

医療現場においては、人がいる空間において消毒薬の噴霧は推奨しないのが「原則」となっていることも理解しておいてください。

新型コロナウイルスの消毒に関して、これからも特に気をつける必要があるのは、『ウイルスに効く』と称して、効かないものを売る業者に注意しなくてはいけません。

金儲けのためにはおそらく全く役に立たない商品も売られ、それを信用してこれで消毒ができたと思い、手洗いや換気などをおろそかにすることが怖いのです。

  • スポンサードリンク

    tag : 新型コロナウイルス 次亜塩素酸水 次亜塩素酸ナトリウム

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    HIV検査キット












    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット












    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア